【荒ぶる鷲(ワシ)のポーズ】効果ややり方を解説-ガルダアーサナ-

鷲(ワシ)のポーズは腕や脚を巻きつけることで、肩関節や股関節周りを伸ばすポーズです。

片脚で体を維持するバランスポーズであるため、自分の内面を見つめることにも役立ちます。

このポーズの名称「鷲(ワシ)」は、サンスクリット語で「ガルダ」。

初心者には少々難易度の高いポーズですので、動作の注意点やポイントをチェックしていきましょう。

目次

「荒ぶる鷲(ワシ)のポーズ」の効果

ワシのポーズでは、肩甲骨を広げ、肩周りのストレッチが可能なので、肩こりの解消に役立ちます。

また、腕や脚を絡めた状態から、体を解放することで、血流の改善効果が望め冷え性改善にも繋がります。

その他バランスを取るために集中力を高められるなど、いろんな恩恵が期待できるポーズと言えます。

ワシのポーズの効果

肩こり改善、血流アップ、集中力アップ

ワシのポーズで使われる筋肉・部位

ワシのポーズでは、肩周りと股関節周りに効果を発揮します。

上半身を絡めることで、普段伸ばしにくい部分に刺激を与えることが可能。

さらに、脚を絡めることで骨盤を閉め股関節周りをストレッチできます。

鷲(ワシ)のポーズのやり方

STEP
片脚を反対の太ももの上にかける

片方の脚を反対の太ももの上に乗るようにして脚を絡めます。この際、骨盤の高さが左右で同じになるよう意識しましょう。かけた脚の方の骨盤が高くなりやすいので注意します。

STEP
腕をクロスさせ両方の手のひらを合わせる

肘を重ねるようにして両腕をクロスさせます。その状態で腕を絡めて両方の手のひらを合わせるようにしましょう。肩や腕が固く痛みがある方は、手の甲をくっつけるようにします。

STEP
肘の高さを上げる

両腕、両脚が絡まったら、背筋を伸ばします。腰が反らないように意識しましょう。その後、肩と肘が同じ高さになるよう肘の上を上げていきます。肩周りのストレッチが強くなるのがわかるはずです。

ワシのポーズの注意点

ワシのポーズでは不安定な状態でバランスを取るポーズですので、転倒には十分注意してください。

ポーズに慣れるまでは、体を伸ばすよりもバランスをとってポーズを安定させることを意識してください。

また、脚を絡める際に膝を痛めることがあるので注意しましょう。膝に違和感があれば、すぐにポーズを緩めるようにしましょう。

ワシのポーズのバリエーション

ワシのポーズで腕を絡めづらい人は、手の甲どうしをくっつけたり、小指だけを絡めるだけでも大丈夫です。無理に腕を深く絡めて背中が曲がるよりかは、背筋が伸びる位置でポーズをとりましょう。

股関節を曲げて、体の傾きを調整することでも、伸びる部分が変化するので、効果の違いを味わってみるのも良いでしょう。

まとめ:【荒ぶる鷲(ワシ)のポーズ】で集中力をアップさせよう

ワシのポーズについて解説しました。

肩関節や股関節のストレッチができるだけでなく、意識を内面に向け集中力アップさせるのにもオススメのポーズです。

ぜひ積極的に実践してみてください。

マンドゥカでは自宅でも使用できるヨガマットを多数取り揃えています。

小さくまとまり部屋でも邪魔にならないマットや、部屋に敷いていても気にならないマットなど、様々なバリエーションがありますので、ぜひ公式サイトもチェックしてみてください。

こちらの記事もおすすめ!

あわせて読みたい
半月のポーズの効果ややり方を解説-アルダチャンドラアサナ- 半月のポーズは、体を倒した状態で片手と片足で姿勢をキープするバランスポーズです。 アルダ・チャンドラ・アサナの「アルダ」が「半分」を、「チャンドラ」が「月」を...

Author

ウェブマーケター / ヨガインストラクター
アシュタンガヨガの練習がんばってます。

目次
閉じる