三角のポーズで骨盤を整えよう-ウッティタトリコナアーサナ-

三角のポーズは、文字通り身体全体で三角の形をとるポーズです。両つま先と股関節を結ぶ三角や、両つま先と上にある手のひらを結ぶ三角など、数カ所に三角が確認できます。

サンスクリット語で「ウッティタ・トゥリコーナ・アーサナ」と呼ばれ、「トゥリコーナ」が「三角」を意味します。「ウッティタ」は「上に伸びた」という意味があり、多くのポーズに用いられています。

目次

三角のポーズの効果

三角のポーズは脚を広げ、身体を側面へ倒す側屈の動作が特徴。

骨盤と胸を開くことで、骨格のゆがみを整える効果が期待できます。

また胸部を開くことで呼吸が深くなり、血流改善や精神が安定する効果もあります。

三角のポーズの効果

姿勢矯正、下半身の強化、血流の改善、精神の安定

三角のポーズで使われる筋肉・部位

三角のポーズでは身体の側面、胸部、股関節を気持ちよく伸ばすことが可能。

開いた脚で上半身を支えるため、下半身全体の強化もできます。

三角のポーズのやり方

STEP
両足を大きく広げる

息を吸いながら両足を大きく広げ、両腕も型と同じ高さになるまで広げます(腕が床と平行になるくらい)。背筋がすっと伸びていることを意識しましょう。

STEP
上半身を側面に倒す

息を吐きながら、上半身を前足の方向へ横に倒します。骨盤は平行な状態を維持しましょう。下半身がぐらつかないように脚の力はキープします。

STEP
手を天井に伸ばす

体を倒したら、手を前側の足の外側につけます。床についた手と反対側の手を天井に向かって伸ばします。このとき肩甲骨から手を動かし、胸を開くことを意識します。目線は指先へ向けるようにしましょう。

三角のポーズの注意点

体を側面に倒したとき、手が床につかなかったり胸が床方向に向いてしまう場合は、手を床ではなく足首やすねに置くなどの工夫をしましょう。

また、腰が反ったまま体を倒すと腰痛の原因となるので、反り腰にならないよう注意してください。

三角のポーズのバリエーション

三角のポーズでは手を置く位置で強度を変えられます。床→足首→すね→膝上と手を置く位置を体に近づけるほど、強度が下がります。

自分が一番ここりいいと感じる手の位置を見つけてください。

また前側の膝を曲げると、胸や股関節が開きやすくなることもあります。

まとめ:三角のポーズで骨盤のゆがみを整えよう

三角のポーズについて解説しました。

骨盤と胸回りを気持ちよく伸ばせるので、体全体中でも骨盤のゆがみ解消の効果が期待できます。

ご自宅でも気軽に試せるポーズですので、ぜひトライしてみてください。

マンドゥカでは自宅でも使用できるヨガマットを多数取り揃えています。

小さくまとまり部屋でも邪魔にならないマットや、部屋に敷いていても気にならないマットなど、様々なバリエーションがありますので、ぜひ公式サイトもチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!

Author

ウェブマーケター / ヨガインストラクター
アシュタンガヨガの練習がんばってます。

目次
閉じる