新作最大15%OFFクーポン (11/2まで)| クリックしてクーポンをGET
記事検索POST SEARCH
Generic selectors
完全一致のみ
タイトルを検索
Search in content
本文内を検索
ページ内を検索

ズームを使用してヨガクラスを設定する方法をご紹介

2020.07.09

「オンライン上でヨガ教室を開くということは難しい」と認識されていることが多いのではないでしょうか。ヨガを習う生徒が世界中のどこにいても、レッスンが開催できるように、いくつかの簡単な手順を紹介致します。

EmptyName 130 1 856x610 - ズームを使用してヨガクラスを設定する方法をご紹介

【ズームの技術】

ズームは、インストラクター側から、参加者全員の顔を認識し確認することができ、メールにリンクを張るだけで参加の招待を送ることができます。また、インストラクターは、参加者の制限をできるのでより効果的なアプリです。 


【ズームの始め方】

1.ズームのHPからアカウントを作成する。無料のアカウントでは、40分間のみの使用となっていますが、プロアカウント(インストラクター)は、月額2000円、スタジオを使用して行う場合は、ビジネスアカウント、月額2500円になっています。幅広く、レッスンを行うのであればビジネスアカウントをおすすめします。

2.ミーティングタグというタブを選択し、クラスと出席者を追加します。

3.オプションを使用してクラスを設定するときに、待機室を追加するオプションが表示されます。これにより、誰がクラスに参加できるかを制御でき、生徒は承認された場合にのみ入力できます。これは、レッスン料を受け取っているインストラクターやスタジオに最適です。

4.ギャラリービューという機能を使用することで、最大49人まで生徒(参加者)を見ることができます。生徒側からも、実際にスタジオにいる感覚になるのでオススメです。

【生徒の招待について】

1.ズームの優れた点は、生徒がミーティングに参加するためにアカウントを必要としないことです。彼らは、モバイル、タブレット、またはデスクトップのリンクだけでクラスにアクセスできます。
2.カレンダーやメールで人を招待できます。リンクをコピーして、フェイスブックなどの任意のプラットフォームでリンクを送信することもできます。
3.生徒がレッスンに参加する場合には、コンピューターオーディオを選択する必要があります。

【スタジオに代わってレッスンを行うインストラクターへ】

1.インストラクターの代わりにスタジオの運営者がリンクを作成してくれる場合、ご自身で用意したリンク先からアクセスしないことに気を付ける必要があります。

2.レッスンが始まってから参加できないような機能が付いています。この機能を使用することで、遅刻する人などを参加できないようにしています。

【レッスンの前に立ち位置を確認する 】

1.レッスンをする際に、2つの立ち位置の確保してください。解説や呼吸法などを行う時に使用する空間ともう1つはマットを配置して実演できる空間です。エリアをあらかじめ決めておいてください。また、立ちポーズする場合、頭が切れたりする可能性もあるので、レッスン前に、スペースの確保をしておいてください。

2.機能で不安がある場合は、レッスンを行う前に友人や生徒さんに確認してもらってください。

3.音声のテストをしてみてください。

・ミュートアイコンの横にある矢印をクリックして、オーディオオプションを開きます。

・[ コンピュータオーディオのテスト]を選択します。

[ スピーカーのテスト]をクリックして、スピーカーをテストします(外付けまたはヘッドセット経由)。

・クリックしてテストするためにマイクをテスト(外部のかどうか、ヘッドセットを経由して)。

・テストが完了したら、ウィンドウを閉じます

【レッスン中の注意事項】

1.授業中に他の人をミュートして、あなたの声がはっきりし、出席者の家からの音がクラスの邪魔にならないようにすることをおすすめしています。
2.ズームは、リアルタイムより少し遅れる可能性があります。
3.別のシステムで音楽を再生することは、オーディオが機能しない可能性があります。
4.レッスンを教えるのであれば、PCに近づくこともなく会話できるワイヤレスのヘッドフォンを使用するとよりスムーズにレッスンを行えます。

【支払いのオプションと他のズーム以外のアプリを使用する場合】

マインドボデイ、チームアップなどのスタジオとして予約システムを既に持っている場合は、元のクラスの予約を続行し、各クラスの期日を修正することができます。予約したもののリストを取得したら、ズーム経由で招待状をメールで送信できます。

ペイパル:

インスタグラムまたはフェイスブックでライブ配信している場合、寄付にペイパルを使用することもできます。まだアカウントをお持ちでない場合は、アカウントを設定するだけです。別のオプションは、「支払いをしている友達」を選択するように依頼することです。これにより、手数料で悩まされることがなくなります。

フェイスブック ペイウォール:

フェイスブックでは、グループにアクセスする前に学生に支払いを要求するフェイスブックグループにペイウォールを作成することもできます。

銀行振込:

別のオプションは、学生にパスをいくつかのクラスで提供し、お金を銀行口座に送金するように依頼することです。

寄付ベース :

クラスを提供しているスタジオの場合、マインドボディには、最小の寄付といくつかのティアの寄付による支払いを作成するオプションがあります。寄付ベースのクラスは、上記のシステムのいずれでも機能します。

CATEGORY ニュース
タグ onlineyogazoom