記事検索POST SEARCH
Generic selectors
完全一致のみ
タイトルを検索
Search in content
本文内を検索
ページ内を検索

ヨガグッズのお手入れ方法

2020.07.02

コロナ以降、私達の生活やヨガの実践方法は様変わりしました。ウィルスと共に生活する日々が、まだまだ続くと予想される中、新しい生活様式でも、更に用心しながらヨガの練習を楽しんでいきましょう。

 

ヨガを楽しむためのSTAY SAFE ルール

・可能な限りヨガマットやグッズを他の人と共有はせず、個人で備品を持って行って使う
・使用後は消毒除菌、しっかりお手入れを!
・スタジオのヨガマットを利用する場合は、ヨガタオル・ラグをヨガマットの上に重ねて対策

 

ヨガマットやヨガプロップスの衛生管理に対する意識が、ますます高まるのに応え、ヨガグッズのお手入れ方法についてご案内します。

 
 

ヨガマットのお手入れ方法

thumb - ヨガグッズのお手入れ方法

ヨガマットを長持ちさせるには定期的なお手入れが必要です。特にアーサナ(ヨガポーズ)の練習をした後、汗や化粧品、髪の毛などの汚れをこまめにクリーニングする必要があります。正しいお手入れ方法で、ヨガマットに付着する細菌、悪臭、汚れを防ぎましょう。

 

アーサナプラクティス後の日常ケア

ヨガクラスを1回終えたら、ヨガマットを水をスプレーした布で拭きましょう。使うたびに拭いてあげるのが理想的。ヨガスタジオには、除菌のウエットシートや洗浄スプレーが常備されているところが多いです。マットを端から端まで綺麗に拭いて、水分が乾いてからマットを丸めて片付けるようにします。

また汚れが気になる時は、汚れた部分を、専用のヨガマット洗浄クリーナーか肌に優しい中性洗剤を水・ぬるま湯で薄めた自家製の液を含ませた布で拭き取ります。

 
lighter - ヨガグッズのお手入れ方法
 

・水で薄めた家庭用洗剤か専用ヨガマットクリーナーをスプレーし、やわらかい布かスポンジでマット全体を拭く
・残った水分を乾いた布で拭き取る
・直接日光の当たらない風通しの良い場所で、完全に乾燥させる
・完全に乾燥したこととを確認したら、ロール状に巻いて保管

 
 

ボルスターのお手入れ方法

yogagoods2 - ヨガグッズのお手入れ方法
 

ボルスターのカバーのお手入れ

ボルスターのカバーは丸洗いできます。洗剤を使用する際には、中性洗剤を使用してください。カバーにチャックがある時は、チャックを閉めて洗濯してください。色落ちや色移りの恐れがありますので、単独で洗濯してください。タンブラー乾燥機の使用を避け、風通しの良い場所での陰干し乾燥させてください。長時間日にさらすと、色焼けしてしまう場合がありますのでご注意ください。また、濡れたままで長時間放置されますと、しわや縮み、色落ちの原因になる場合がございますのでご注意ください。

 

ボルスターの本体のお手入れ

ボルスター本体に、除菌スプレーなどを使用する際は、必ず風通しの良い場所で全体を乾燥させてから保管してください。汚れが気になる際には、ほこりを除去してからのつまみ洗いをおすすめします。水分を含むと内部構造が崩れ元に戻らない可能性があるため、水洗いはお控えください。

 
 
 
 

ヨガブロックのお手入れ方法

yogagoods3 - ヨガグッズのお手入れ方法

ヨガブロックは、ヨガマット同様、手や足で触れることが多く、衛生面が気になります。汚れがどんどん積もると、グリップ力が低下する原因になってしまうこともあります。

 

EVA製ヨガブロックのお手入れ

EVA樹脂はビーチサンダルやバスマットなどにも使われる、水や熱にも強い素材です。ですので、EVA製のヨガブロックはお水やお湯で丸洗いでき、お手入れが簡単です。普段のお手入れは、ホコリや髪の毛はから拭き、手の汗や皮脂が付いたときはウェットティッシュなどでOKです

 

コルク製ヨガブロックのお手入れ

コルク製のヨガブロックは水をある程度弾く素材。ワインの栓のように水を通さない性質なので、通常のお手入れの方法としては、乾いた布で軽く拭くだけでOKです。乾いた布で軽くふくだけでも十分汚れは落ちます。逆に水で丸洗いするなど長時間水につけてしてしまうとカビが生えてしまうこともあるので注意。

 
 

いかがでしたでしょうか?使用後のヨガグッズには見えない汚れや皮脂が付いていて、その上に埃がたまると、その後のお手入れに時間がかかってしまう恐れがあります。大切に手入れすれば、表面にホコリや汚れも付きにくく衛生的です。また、ウィルスの対策にもなります。用心しながら、これからもヨガの実践を楽しんでいきましょう。

 

Author:Kaori